「さいはて紀行」Kindle版 販売休止のお知らせ

こんにちはシカクです。
いつも楽しいお知らせをお送りしている当ブログですが、
今日はローテンションなお知らせです。

シカク出版から好評発売中の
金原みわ「さいはて紀行」のKindle版販売を休止することになりました。

%e3%81%95%e3%81%84%e3%81%af%e3%81%a6%e8%a1%a8%e7%b4%99

購入を検討してくれていた方、申し訳ありません!

理由は2つあって、

(1)技術的な問題
(2)突然アダルトカテゴリーに指定された問題

です。

事の発端は
(1)技術的な問題
の方で、ある日突然Kindle側から、
「ファイルの形式に問題があるため電子書籍の販売をストップします。
 修正したらまた再開するんでよろしく」
というメールが来たことです。
(ファイルが開けないとか中身が読めないとかではなく、
 表示上不便な形式で保存してしまっていた、という感じです)

いやいや、そんな販売中止するような大きな問題なら
販売開始前に言ってよ!

と慌てるも、Kindleが指定する形式で保存するために
本を買って(ググっても情報が全然出て来なかったため)
なんとかかんとか指定形式のデータが完成し、
それを再提出したのですが・・・

数日後届いた連絡が、

●あなたの作ったデータがiPhoneでダウンロードできません
●そもそも内容が成人向けだったんでアダルトカテゴリーに入れときました

というものでした。

えええ・・・

iOSで〜に関しては、これまた技術的な問題なので
どうにかしたら解決可能のはずなのですが、
解決方法を調べてもなかなか情報が見つからず、

更に問題はアダルトカテゴリーの方で。

そのメールには、
「アダルトカテゴリーの商品は通常検索では表示されません」
とありました。

読んでくださった方ならわかると思いますが、
あの本は性的な欲求を扇情する内容の文章は一切ありません。
それを期待してあの本を購入しようとする方はまずいないと思いますし、
アダルトを求めて検索する人と、アダルトは別に見たくない人、
双方の需要に合っていないところに「さいはて紀行」が入るのは
ちょっと納得がいかないという思いが生まれました。

ネットで調べてみたところ、
間違いでアダルトカテゴリーに入れられてしまった人のブログなどが見つかり
メールで間違いを指摘すれば
審査をやり直して正しいカテゴリーに入れてもらえたらしいのですが、
その人の場合問題が解決するまで3週間かかったとのこと。

そして「さいはて紀行」は内容的にエロいわけでは全くないのですが
そもそも扱っている内容が少々過激ですし、
文脈の切り取り方によっては
成人指定にあたると捉えられても仕方がない部分もあります。
正直抗議をしたところで、不毛なやり取りになる可能性が高い気がしました。

それらの状況を踏まえて協議した結果、
Kindle版の販売はいったん休止しよう、という結論に至ったのです。

購入を検討してくれていた皆様、申し訳ありません。。
また技術的な問題面で、
Kindle版買ったのに読みづらいよーと思われた方も
大変申し訳ありません。

Kindle版を購入した方で、
販売休止によりデータに何らかの問題が生じて読めなくなった場合はご連絡ください。
購入者様の情報と、こちらの販売データが照会できた場合
同内容のデータをお送りする等の対応を取らせていただきます。

ちなみに、文庫本のさいはて紀行は
普通にAmazonで購入できますので
(今は増刷中のため在庫切れですが、今週中に刷り上がるため
 年明けには補充されると思います)
紙でもいいよーという方はそちらもよろしくお願いします!

ということでご不便をおかけいたしますが、
今後とも金原みわ並びにシカク出版をどうぞよろしくお願いいたします。

シカク月報11月号(休刊!)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-18-38-32
2016年11月号(休刊号)

最後の最後だというのにすっかり遅くなってしまったのですが、
シカク月報11月号&
いったん休刊号を発行しました!!

休刊号ということで、
いつもはあまり文章を書いていない店長が
シカク月報の思い出やら何やらについて
たくさん書いていますよ。

毎号素敵な読み物で華を添えてくれた寄稿者のみなさんや
月報を配布してくれたお店のみなさん、
毎号読んだり感想をくれた読者のみなさん、
本当にありがとうございました。

月報がなくなったことにより
お店に来た人に渡せるアピールアイテムがなくなったので、
なんかイケてるショップカード的なものを作らないとなあ、と思っています。
何かできてたら、ぜひもらってやってください。

もちろんシカクのお店はまだまだ続きますので、
今後ともよろしくお願いします!

つちもちしんじ画集発売とシカク出版物の一部全国発売へ

すごい固いタイトルになりました!
変に【待望】あの話題の作家つちもちの画集が発売へ【遂に】とかよりいいですよね。

つちもちさんは3年ほどかけて主にネット上に東京の下町の百景をイラストで書いているかたで、
素敵な絵を書く方だなぁと思っていて、いつか仕事を頼みたいなと思っていたのですが
色々縁があって、その百景の完成を記念して画集にすることになりました!
特設サイトはここをクリック!

book

それに伴い、というかちょっと前から全国の書店から卸して欲しいという要望が多くいただき、個別に対応をするのが
困難になってきたので、鍬谷書店さんという取次会社さんを通して全国書店から注文いただけることになりました。
多分知名度ゼロで90%のお店には言わないと置いてないと思うので是非是非取り寄せしてもらってください!
いっぱい注文があると次回以降の反応がよくなるのでおねがいします!
ここに詳しいことがわかりやすくのってるよ!

シカク月報9月号

201609号
201609号

シカク月報9月号ができました!
そして突然ですが、諸々大人の事情があり
シカク月報は次回10月号で、いったん休刊とさせていただくことになりました…!
約4年にわたりご愛読いただいた皆様、
本当にありがとうございました!!
休刊についての雑感は、きっと店長が来月の紙面か
ブログに書くのではないでしょうか??

★トピック★
●シカク出版初の漫画雑誌「品格」満を持して発売!!
●シカク出版の本が沖縄で買える!!
 「シカク沖縄BABY支店」国際通りスグのハンバーガーショップ
 「BABY BABY HAMBURGER & BOOKS」にてオープン!!
●【イベント】10/29・30、ZINE DAY OSAKA(@レトロ印刷JAM)にて出店&久々のミニコミ寄席します!
●酒処ナオ第8回は10/28、ゲストはイラストレーターMONさん、お料理係は特殊手芸作家のミクラフレシアさん!!!
●最近の新着入荷商品
●シカク8月のべすとせら~

[連載よみもの]
カニコーセンの中津の思い出
ナツキいぬコのLv.28
物干竿之介のご自由にお持ち帰りください
奈良さんの短歌と周辺(奈良絵里子)

★広告募集!★
何か宣伝したいことがあるアナタ、シカク月報に広告を掲載しませんか?
1000円で40mm×100mm、2000円で倍の80mm×100mm、3000円で1面分の広告が出せます。
もらった広告費はシカク月報の印刷代や郵送費、よみもの寄稿者の原稿料などに活用されます。
詳細はshikaku@uguilab.comまでご連絡ください。

シカク月報8月号

スクリーンショット 2016-08-06 16.55.27
201608号

シカク月報8月号が完成!
今回から紙面が大幅リニューアル…というか
大人の事情で小さくなりました!
でも内容は相変わらず充実してるので、ガッカリせずに応援してくれよな!!

★トピック★
●イシヤマアズサ「つまみぐい弁当」原画展開催中!
●シカク出版初の漫画雑誌「品格」8月21日、東京コミティア117にて発売!!
●最近の新着入荷商品
●シカク5月のべすとせら~

[連載よみもの]
カニコーセンの中津の思い出
ナツキいぬコのLv.28
物干竿之介のご自由にお持ち帰りください
奈良さんの短歌と周辺(奈良絵里子)

★広告募集!★
何か宣伝したいことがあるアナタ、シカク月報に広告を掲載しませんか?
1000円で40mm×100mm、2000円で倍の80mm×100mm、3000円で1面分の広告が出せます。
もらった広告費はシカク月報の印刷代や郵送費、よみもの寄稿者の原稿料などに活用されます。
詳細はshikaku@uguilab.comまでご連絡ください。

えんちゃんというイラストレーターについて

ボブa.k.aえんちゃん個展 浪漫飛行が始まって、半分くらいたちました。
おかげさまで東京から四国から、岡山から関西各地からきてくださり感無量です。

ボブa.k.aえんちゃん(以後えんちゃん)は東京を中心に活躍するイラストレーターで、
っていう説明をするのは理由があって。
えんちゃんの個展って実はこれが初めてで東京では一回もしたことがないんです。
グループ展や企画展みたいなものはよくでてるみたいなんですが、それもほとんど東京で。
今はイラスト業界ってネットがすごく発達していて、とくにツイッターとかインスタグラムのSNS系有名人っていう
一般人に広く知られてグッズとかがVVや390マートとかに並んでいる作家とピクシブ系有名人っていう
ざっくりいうと作家に好かれる系の作家というか。が目立つ状況になっていて、この人達はネットである程度
情報がまとまっているから全国的に熱狂的な人が散りばめられてる感じです。
一報えんちゃんは、最初は友達のバンドのグッズイラストを頼まれたとかから始まって。それからバンド系(東京圏に住んでるから都内のバンド中心)のフライヤーやグッズをめちゃめちゃこなしてて。都内の音楽界隈の人からするとよく見る名前なんですが、僕はシカクからあんまでないんで全然しらなくて、スタッフのナオさんが東京でバンドやってるので
えんちゃんがイラストかいたスウェットをもってて、「えっ、なんですかそれ!」といったのがえんちゃんをしった最初でした。
こんなに可愛い絵を描く人が東京に埋もれてる(表現がおかしいけど)なんてもったいない!と思って
関西の人にも知ってもらいたい!と思ったのが展示をしたいとおもったきっかけです。
イラスト提供しているバンドとかも有名になってきてえんちゃんも全国区になってきてるんだろうけど、
それでも”音楽界隈で”というフィルターがかかってるように思えます。
それを一段落として”文化的なものが好きな人界隈で”全国的に、なれれば。
そうおもって企画したので、えんちゃんのこと知ってる人はもちろん、知らない人でも時間がもしあれば、
ポケモンGOで歩いて来れる距離ならば、フライヤーでぴんときたならば、是非見に来てください。
ほぼ全て書き下ろしの原画なのでえんちゃんマニアも納得間違いなしのないようです!
浪漫飛行特設サイト

シカク月報7月号

スクリーンショット 2016-06-30 18.16.52
201607号

シカク月報7月号ができました〜!

★トピック★
●7月15日〜31日、ボブa.k.a.えんちゃん個展「浪漫飛行」開催!
●6月18日〜7月3日、逢根あまみ個展「ご休憩 昭和遺産ラブホテル展」開催!
●月1酒場イベント「酒処ナオ」第8回は7月に下旬開催予定!
●シカク出版より発売された
 「関根美有傑作選 はびこる愛」 金原みわ紀行エッセイ集「さいはて紀行」
シカク店頭・通販&一部書店にて好評発売中!!
●最近の新着入荷商品
●シカク5月のべすとせら~

[連載よみもの]
カニコーセンの中津の思い出
ナツキいぬコのLv.28
物干竿之介のご自由にお持ち帰りください
奈良さんの短歌と周辺(奈良絵里子)
とびだせ!シカクファミリー(たけしげみゆき)
てんちょうのファンシーコラム(巴大樹)

★広告募集!★
何か宣伝したいことがあるアナタ、シカク月報に広告を掲載しませんか?
1000円で40mm×100mm、2000円で倍の80mm×100mm、3000円で1面分の広告が出せます。
もらった広告費はシカク月報の印刷代や郵送費、よみもの寄稿者の原稿料などに活用されます。
詳細はshikaku@uguilab.comまでご連絡ください。

逢根あまみさんの展示が始まりました

逢根あまみさんの展示が18日から始まっています。7/3までやっています。

内容は逢根あまみさん(以後あまみさん)が訪れた昭和のバブルが香る「ラブホテル」を日本全国周り
日々刻々と故障したり、リニューアルしたりで姿を消している内装や外装を写真や動画、ライターやメンバーズカード
そして貴重なパンフレットや資料などを展示しています。

正直ラブホテル展というものは目新しいものではないかもしれません。
写真集も何冊も世に出ているし一定の評価を得ています。その筋の先人という方がいるということも承知しています。

あまみさんはそれでもラブホテルを追おうと思って週末になると西へ東へ奔走します。
もちろん取材費もでないので、最低限の時間料金だけ払って、良いホテルはそこだけで何部屋も回ります。
そんな生活をしているので取材旅行中は車の中でおにぎりを食べたり非常に質素だそうです。
なぜそこまでするのか?というと、答えはとてもシンプルで「好きだから」の一言に帰結しています。

既に活躍している人がいて、その人は取材費がおりたり、ホテル側との交渉を代理人がしたり、専属でカメラマンがいたり
自分にはないものをもったすごい人たちがいるのだけど、その人の二次ソースに頼るのではなく自分で出来る限り
終末を楽しもう。残そう。伝えよう。という気概が読み取れて、今回の展示のお誘いをしました。

実際あまみさんのやり方はビジネスではないので、ある意味ラブホオタクでしか出来ないジャーナリズムがあって、
熱意が伝わったお店などは、使ってなくて物置にしてた部屋を綺麗にしてみせてくれたり、
装置の部品に描かれた文字から会社名を割り出し、直接会いに行き、当時の話をきくなど
オタク特有の好きなものに対して無限の行動力をみせてくれます。

昭和ラブホが素晴らしいのはもちろんですが
僕は、こんなに楽しく何かを追い、熱量がたかい人がいるんだということを知って欲しいです。

所謂中堅とよばれる画家や作家、イラストレーターさんの展示を見に行く機会が仕事上多いのですが
ある程度知名度が出た後はそこそこの熱量でつくり、そのうちのいくつかはグッズ化してなんとなく展示しているものが
正直あります。短期的には良いのかもしれませんし、仕事にしてしまうと熱量の扱い方が難しいのはとてもわかりますが、
どうかこの展示のように純粋無垢で。被写体を、作品を心底愛し。みてもらいたい!という気持ちを忘れずやってもらいたいです。

ちょっと話変わっちゃったけど目でみてください。

廃墟は廃墟で違法だけど入れますが昭和ラブホはこのまま行けば10年とかでほぼ現存しなくなって
完全にこの世から消えるかもしれません。その前に是非ここで見て、本とか買って、実際の足で言って寝転んでください。

クレジット&コンビニ決済導入!!

この世に500000人ぐらいはいるかもしれない、
シカクオンラインショップを度々ご利用している遠方の方、
あるいはたまたま欲しい本があって使ってみようかなと思っている方!

なんと!!
シカクオンラインショップが、ついに!!
クレジット&コンビニ決済に対応しました!!!!!!!
ワ〜〜〜〜〜!!!

【使い方】
(1)ふつうに買い物します。

(2)レジに進んで、ふつうに注文者情報を入力します。

(3)決済方法の入力画面で、

スクリーンショット 2016-06-13 13.23.42

 選べる!!!!!!!!!!!!

思えば苦節2年くらい、
ある時は代行業者に無視され連絡が取れなくなり、
ある時は審査に落とされ…
何度も諦めかけましたが!!

対応したんです!!!ついに!!!!!
ヤッタ〜〜〜!!!
皆さん、ふるってご利用くださいね!!!

はびこる愛が新聞で紹介されました!

CkKfFBCUYAAWNX8

先日シカク出版から発行した
関根美有傑作選 はびこる愛
6月5日の朝日新聞朝刊の書評欄にて紹介されました!
ワーイ!!!

作品の読み口の軽さや奥深さが伝わる素敵な書評を書いてくださったのは
漫画ライターの山脇麻生さん。
色々なジャンルの読み物がごった煮になったミニコミ誌
「ゴミ」のメンバーとしても活動されています。

シカク出版から出す本は、どれも素晴らしい本だと確信を持ってはいますが
自分たち以外にも同じ思いを持ってもらえて、
おまけにこうして世の中にその思いを発信してもらえるというのは
本当に嬉しいし、安心します。
同人誌というのはどうしても数少ない人に向けられた
ニッチな世界になりがちですが、
こうして新聞という大きなメディアに載ったことで、
関根美有という作家や個人出版というスタイルが
もっと世間に浸透するきっかけに少しでもなれたなら、
こんなに嬉しいことはありません。

…なんて偉そうに書いてますが、全て山脇さん、
そして素晴らしい物語の数々を描いてきてくれた関根さんのおかげなんですよね。
本当にありがとうございます!!

「はびこる愛」については、今月末にもうひとつ嬉しいお知らせができそうなので
楽しみにお待ちください!

(副店長・たけしげ)