クレジット&コンビニ決済導入!!

この世に500000人ぐらいはいるかもしれない、
シカクオンラインショップを度々ご利用している遠方の方、
あるいはたまたま欲しい本があって使ってみようかなと思っている方!

なんと!!
シカクオンラインショップが、ついに!!
クレジット&コンビニ決済に対応しました!!!!!!!
ワ〜〜〜〜〜!!!

【使い方】
(1)ふつうに買い物します。

(2)レジに進んで、ふつうに注文者情報を入力します。

(3)決済方法の入力画面で、

スクリーンショット 2016-06-13 13.23.42

 選べる!!!!!!!!!!!!

思えば苦節2年くらい、
ある時は代行業者に無視され連絡が取れなくなり、
ある時は審査に落とされ…
何度も諦めかけましたが!!

対応したんです!!!ついに!!!!!
ヤッタ〜〜〜!!!
皆さん、ふるってご利用くださいね!!!

高松次郎回顧展とザ・トライブ

最近定休日の火水は、壊れたケータイを修理に出しに行ったり、高知に打ち合わせに行ったり、違う打ち合わせをしたり、元気がなかったりして休みらしい休みがなかったですが(高知行ってるの1泊2日でもはや旅行ですよね)
今週は高松次郎回顧展IN国際美術館 とザ・トライブという全編手話オンリー字幕無しという異例の映画を見に行ってきました。

まず、高松次郎ですが、ハイレッドセンターという3人組のハイ担当で、僕は路上観察とか、贋作とか
割と好きなので完全にハイレッドセンターでは赤瀬川原平推しだったんですが、この回顧展がすばらしすぎて
推しメンを高松次郎に変えました!(二人とも亡くなってるけど)
この回顧展、時系列で作品とドローイングと、秀作と、メモとか、ほんとにこまかいものまで順に並べていて
どういう思考をたどって作品をつくり、悩み色んな期を経て行ったのかがとても分かりやすくなっていました。
ハイレッドセンターに属してからの他人の影響や、次元が増えて行く感じがとてもすごかったけど、
ハイレッドセンター以前の試みもとてもクールで、情熱や温度が伝わって来て涙が込み上げてきそうでした。
全力で美術を楽しんでいるというか。世間は京都にルネマグリッドがくると騒いでいますが断然高松さん推して行きたいと
思っています。(ルネマグリッドもいくだろうけど)

ザ・トライブは、予告編みたかんじは割とラブストーリーっぽいのかなとおもいきや、
完全僕の苦手な分野の話で口が開いてしまいました。
全編手話でという違和感は僕はとくになく、フランス映画とか、英語じゃない言語の映画を字幕無しで見てる感じです。
けど、分からない人でもわかるように話はすごくストレートに作られています。
それがよけい辛い部分もあり、ドキュメントっていうかんじだからウクライナのろう者の学校はこうなのかも
って思いました。。
話的にはゲットーな地域のことをかいているとおもうんですが、これがウクライナの常識の範疇なのか、それとも特異な部分なのか
ウクライナにくわしくなさすぎてぼくはわかりませんでしたが、日本のろう者学校はああではないと信じたいです。
なんか、ウクライナという世界観がもはや僕の中ではフィクションなんで、現実感があまり沸きませんでした。

映画自体は手話がメインということで、ろう者の人もたくさんみにきてて、いいなとおもったんですが
R18で性描写あり、暴力的描写ありなので、まじめにみにきたまじめな人達はショックだったのかなとおもいました。
一応自分もろう者の立場でみれるよう耳栓も用意しましたが、耳が聞こえない人だからこそ、大きな音をたてて演技をしたり、
派手にモノを壊したりする描写がみてとれて、耳栓しないほうがいいなとおもいました。

以上、テキストだけの感想です。
竹重はあしたのはこさんでやってるmonさんの展示を見に行ってました。すごいよかったらしく、そっちもおすすめです。

MAGIC

SEKAI NO OWARI をせかお輪で有名な西村ツチカに教えてもらって聞きました。
MAGICというきょくがHAWAIIAN 6 のカバーをやっていて、独特のセンスの歌詞をのせていてエレクトリカルパレードのような音ですごいと思いました。
ツチカさんのおすすめの曲はRPGという曲だそうです。

進撃の巨人もいいよと言っていました。読んだことはないそうです。

私の好きな歌

今日お客さんと話してて、自分がちびまる子ちゃんの映画「わたしの好きな歌」の大判漫画を昔もってて、
大切に大切に読み返してたのを思い出した。
一時期、バンドをやっていたときに、スタジオ代が払えなくて困ったぼくは、漫画やゲームという青春の結晶を売りまくっていた。
そのときに手放してしまったのを1年に一回くらい思い出して、Amazonで買い戻そうと思うんだけど、なぜかこの本が出てる所をみたことがない。wikipediaにも載っていなくて、あれは子供の時の幻かって毎回思うけどその本持ってたっていうtweetが毎回みつかるので、それを励みに生きています。どこかで売ってるとか情報あればなんでも教えてください!

人生の行き先

ここに書くことでは無いと思うけど、最近人生の舵取りにすごく悩んでいる。
20代後半というのは今まで経験したことが無いくらい可能性があって、毎日がやれば良くなることとか
やらねばならぬこととかに満ち満ちている。

もちろん周りの同世代も同じ境遇が多く、転職や結婚、夢への挫折、転向や、新しい生き方の模索、
安泰とは、幸せとはということを探りながら生きているように思う。

あまりにも毎日の何気ない決定や取捨選択、なにをするか、また、なにをしないか、
それの連続で今後の人生の方角が西へも東へも変わってしまう。
そう思うと足がすくむように心が固まってしまい、焦燥感に似たパニックを起こし、パニックから
さらに身動きが出来ないという負のループに陥った。

さすがに無理だと思い、人に相談したところ、自分が勝手に頭をこんがらがしてるから、
いったん離れてゆっくりほどいていくと良いと教えてくれた。
その人と仲は良いがこんなに心情を吐露することは今までになく引かれるかなとおもったけど
真摯に相談に乗ってくれて、すごく救われた気持ちになった。

人に相談したのはいつぶりだろう。
何故かずっと虚勢をはっていた気がする。本音を言うことが人一倍苦手だなと思う。
早く一人前になりたいと焦りながら、半人前以下の癖に見栄で生きて来た。
その反動かもしれない。ネットにもネガティブなことはかけなくなった。
出来た人のフリをしていた。昔より泣くのが下手になった。
表現することはもっと下手になった。
それに今日気づけてよかった。

本当は未熟で、考えも甘く思い通りにいかない。そんな自分を認めよう。
認めた上でお店をするということ、本を作るということ、音楽、ゲームをつくるということ、
しゃべること、楽しませること、を頑張って行こう。

去年の抱負は「失敗をすること」だった。失敗を積んで成功の礎を作ろうと思っていた。
そして今年の抱負を「成功すること」にするつもりだった。
けど、去年積んだ失敗は所詮虚勢を張った上での失敗だった。
これを礎に成功を建てた所で虚勢が無くなれば崩れさってしまう。

だから今年の抱負は「素直に生きる」にしようと思う。
結局みつをのような標語になった。涙がでそうだ。
なるべく素直に生きたい。なるべく自分を知ってほしい。

10/5に思い出したこと

うちの実家には猫を飼っていてミルキー(メス)とちゃんこ(オス)というなまえだったんだけど、
二人とも仲が良く無くてよくけんかをしてた。
普段仕掛けるのはもっぱらミルキーで、お得意の猫パンチからの猫キックという感じ。
メス猫ってかんじの攻撃を得意としていた。
で、ちゃんこはとても威厳のある威風堂々とした猫なので、やられても動じず、たまに威嚇したりして
牽制程度だった。
だけど一度だけちゃんこがミルキーにブチ切れしたときがあって、徹底的にコテンパンにしたときがあった。

ミルキーがフーッっと威嚇しててその上から噛み付きに行き、フニャーってミルキーが負けた声をあげるも
やめない。ミルキーはあまりの強さにびっくりおののいて、腰が抜けておしっこをもらして
前足二本でずるずると体を引きずって逃げ、その場には大量の毛が舞っていた。

普段寡黙なひとを怒らせるとこうなるんだなーと思った。
よくなつくミルキーもかわいかったし、母親にしかなつかないちゃんこもかわいかったな。

シカク店内改造計画中!

明日中まで東京に居ます

シカクの人たちで東京に数日前からきて4/14に文学フリマで発売予定の
本の取材などをしています。
カツカレーを食べたり、カツ丼を食べたり、カツ丼定食を食べたり、カツオを食べたり
しています。
東京、安くておいしいがいっぱい。

普段会えない人にいっぱいあったり中野ロープウェイでウェイウェイしたりしました。

日常から離れてみると新しいやるべきことが見つかったり
やる気もリチャージされるので来た甲斐があるってもんさ。

写真は香山先生と銅蟲先生と渋谷のスクランブル交差点でスクランブった瞬間です。

写真 13-03-20 16 28 38

情報弱者

どうも、胃腸炎で意識が朦朧としてまして
ここ数日の意識が無く、3月あたまもなんか放送禁止用語を言いながらゲラゲラしてた
もんでてんで何かをした覚えがなく早年越しの貯金をすっかり使い切ってしまいました。

今日になってだいぶ体調もマシになり(青木さんありがとう)
やっとまともな食事が食べれそうになった、その刹那に確定申告をなかなか
確定できず深刻な面持ちの竹重が「ステーキタベタイ
ハクホドニククイタイ」などと言いながら、
隣でオリジナルの肉が好きソングをジャンルリミックスで延々うたうものですから当店御用達の老舗、
ヤヨ・イー軒に行き彼女はステーキ定食を、私は焼き魚定食をいただきました。
結果、お腹いっぱいで何もする気がおきません。
2日何も食べてないのにいきなり魚はきつかったか。

2月のベストセラー更新しますのでしばしお待ちを。(確定申告後)

個展が終わるのが悲しい

最近の味の素がだしている冷凍餃子が近所のスーパーでは冷凍食品半額の日に買えば
189円とかで買えて12個入りで油も水も入れる必要が無く、外食レベルのはねつき餃子になって
銀河系最強のCPと手軽な食べ物じゃないかと思っています。
あれなら全国どこでも、下手したら火なんてライターやマッチが無くても起こせそうなもんですから
本当にレベル0.1の調理法で作れると思います。

連日色んな人がウチの店を訪れてくれて毎日が楽しいです。
僕は自信が5年くらいまえから香山さんのファンでそこからミニコミが好きになった節があるので
共通の話題をお客さんとしゃべれたり、会ったことはないが、名前は聞いたことある人が訪れてくれたり
逆に僕みたいなミニコミ入りではなく、全く違う入り方でファンになった人と話が出来たりして
なんというか、毎日が楽しいです。
そんな個展もあと数日で終わり。個展が終わると3月は展示がないし、けど今更もとの土日のみ営業に
戻すのもなぁ・・・と思ったりでふわふわしています。

今日は岡山から娘がファンなんですといって家族で来てくださった方がいて、
その家族は仲が良くて、おばけランキングをつけるのもどれを選んだかどうかとかを
家族で言い合ったりしながら本当に楽しそうにしてて見てて泣けました。

自分はこんなlifestyleでこんなだから子どもとか(まして2児とか)もつことは
不可能に近くて目の前の理想は叶わないと思いつつも、こんな風にfamilyをhappyの渦に
巻き込むような表現、そうhappy tornadoを巻き起こしたい、so思った。

それぞれ一つのlife それぞれが選んだstyle
それぞれ一つのlife 一つの愛を yeah yeah 

辛気くさくなったので爽やかな画像でしめくくります。

ナカノノザツナカンザシヤノナカノザッカン

中野の雑なかんざし屋の中の雑感
nakanozatunakanzashiyanozakkan

i は1個でちょんまげ!

最近気づいたことは僕のまわりで一人称が「僕」の人の割合がすごく増えたこと
小さい頃には一人称が「オレ」の人が多数で学年に2人くらいしか「僕」って言う人がいなかった。
みんなオレオレ。ぼくっていうとなんだか弱いとかいなかものっぽいとかってイメージがあった。

それが今みてみると周りの半分くらいの人が日常的に「僕」を選択している。

それは自分がオレオレ社会から僕僕ワールドへ引っ越したのか
それともトレンドなのか・・

江戸末期にオレではなく、僕や君といった人称がナウいとされて使われた物が
一周回って20世紀末にはオレのほうがナウいとなり、
2010年以降テン年代においてはまた僕がナウさを取り戻したのか。

しばらくしたら新しい人称がナウくなったりするのかな。
そのうち自分のことを「メゥュ」とか「ペグュ」とか言い出すのかな。

そういえば「僕」っていう女の子も大人になってから結構会うことあったけど
これは人類史的に初かも。そいや自分のことウチじゃなくってイエって言う女の子もいたな。

僕、オレ、ウチ、ワテ、おい、わし、おいら、ワイ、わたし、わ、わたくし、我、あっし
とか色々あるけど

ワテ、わし、ワイ、わたし、わ、わたくし、あっし、おい、おいら
は我か私の活用形だとしおもうし

僕は文書とかで自分をへりくだって言ってたことから始まってるのかなって思うけど

うち
の語源はなんだろう。

とおもって調べたら日本語一人称のwikiすごい

それではコスモのパワーを抱きしみなみなさま
このかける様のように良い点とろうね!ばいばい!