とみさわ昭仁さんトークイベントのお知らせとあれこれ

こんにちはこんばんは!シカク代表たけしげです。

メキメキ暖かくなって完全に春ですね!皆さんお花見しましたか?この時代に好きこのんで本とかCD買ってるシカクファンのみんなは、きっとわざわざ本とか音楽プレーヤー持って桜の下で寝転んで読書したりうたた寝しながら音楽聴いて「家でやればいいのに」とツッコまれていることでしょう。家でやればいいことを外でするのって最高だよね!

 

そんなことはさておき、4月にシカク店内にてトークイベントを開催します!

とみさわ昭仁『無限の本棚〈増殖版〉』ちくま文庫 出版記念トーク&サイン会
『自分の本棚』 自分が読みたい本は自分で作ろう

2018年4月14日(土) 14時オープン 14時半スタート
前売1000円、当日1300円
【出演】とみさわ昭仁
【聞き手】たけしげみゆき(シカク代表)

1983年に『よい子の歌謡曲』という歌謡曲評論ミニコミに参加したことから出版の世界に足を踏み入れ、以来、35年に渡って雑誌や本を作り続けてきたとみさわ昭仁が、自身の体験談とともに「自分のメディアの作り方」を語ります。パソコンのない時代のミニコミの作り方から、嵐の中の配本活動、フリーライターの生活、そして念願だった古本屋の開業など、これまでほとんど話したことのないエピソードをたっぷりお話しします!

★ご予約はこちらから

 

ライター・蒐集家・マニタ書房店主、とみさわ昭仁さんのトークイベントです!!

今回発売した本は、コレクションという行為そのものに対する異常な情熱を綴った本ですが、イベントではシカクらしいテーマを軸にお話してくれることになりました!!楽しみすぎる……!!

そしてこの機会に、シカク代表のとみさわさんに対する密かなアツい思いを書き残しておきます。

 

私はシカクやシカク出版のお店経営・編集・イベント企画を通して、日々様々な面白かったり素晴らしい作品を作る人と関わっています。そんな中でふと、「作家やクリエイターの皆さんはすごいけど、店とか編集とか言ってる自分は皆さんの才能に乗っかってるだけでいらない存在じゃない??」とか思ってしまうときがあります。実はそんなときに必ず思い出すのが、とみさわ昭仁さんが経営する古書店「マニタ書房」のことです。

 

初めてマニタ書房に行ったのは、シカクが2年目か3年目くらいのころ。香山哲さんのTwitterか何かをきっかけにとみさわさんの存在を知り、活動に興味を持った私は、一度の面識もなかったのに、当時作っていた「シカクの本」というミニコミ雑誌にインタビューを掲載させてほしい、不躾にとお願いしました。(今思えばよく引き受けてくれたもんだ……優しい……)

そのインタビューの場所がマニタ書房。全ての本好きの人にとって古書店は心ときめく場所で、私ももちろんそれまで色々な古書店に行っていましたが、マニタ書房は今までに行ったことのあるどの古書店とも違っていました。

マニタ書房の仕入れ先はほぼブックオフの100円コーナー。つまり希少本などはなく、いわば世間では無価値も同然の本ばかり。なのに、「とみさわ昭仁」というフィルターを通り越して一堂に会したその本たちは、どれもこれも最高に輝いて、愉快で、ヘンテコな魅力に満ちあふれていました。そして棚に差された分類用のジャンル名の特異さ。「お金持ち」「毛」「ご長寿」「大家族」「秘境と裸族」「埋蔵金」「ラーメン」etc…。ざっくばらんに集められた本なのに、とみさわさんの独特のセンスで分類されることにより、そこにいるのが必然のように感じられ、それぞれの本がお互いを引き立て合っていたのです。

それまで私は、お店というのは作品を売る場所だと思っていましたが、マニタ書房はもうマニタ書房そのものがとみさわさんの作品でした。そんな風に思えるお店に出会ったのは初めてで、マニタ書房もとみさわさんも、たちまち私の中で憧れの存在になりました。

 

私はよく「シカクは自分の作品だと思ってやってる」というようなことを言いますが、これはもう完全にとみさわさんの受け売りです。いや、とみさわさんがご自分でそう仰ったわけではないので、受け売りというのは変か。マニタ書房の本棚を見て衝撃を受けた私が、勝手に独自の解釈をして、勝手に指針にさせていただいている、という感じ。

そして冒頭に書いた、店とか編集の必要性に疑問を感じて不安な気持ちになったとき、いつもマニタ書房の棚を見た時のことを思い出して元気を出しています。私が0から1を生み出すことはできなくても、1を自分なりのフィルターで選んだり、作家さんと一緒に磨いたりすることを、誠実に妥協せずにやっていれば、それは何らかの価値を持つはず。そんな気持ちで、どうにか心折れずに色々やってこれています。

 

ちなみに「私は0から1を生み出すことはできない」と書きましたが、とみさわさんは「ポケモン」「桃鉄」などの説明不要ビッグゲームタイトルのシナリオやプランニングに参加したり、ご自身のコレクションを元に「覆面音楽」「人喰い映画」など絶妙な題材の本を作ったり、現在もライターとして活躍されており、もう0を1どころか10にも100にもできちゃってる方です。なのでこうやって比べることすらおこがましいのですが、とりあえず私がとみさわさんやマニタ書房が大好きで超リスペクトっていうことを書きたかっただけだから許して!!!

そして、そんなとみさわさんが「自分のメディアの作り方」という、シカクに集う人々にぴったりのテーマのお話をしてくれるということで、実は私が一番楽しみにしてるんじゃないかってぐらい楽しみです。みんなもぜひ遊びに来てね!そして影響を受けた人が新たに面白いメディアを作ってくれたらもう最高!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です