シカク月報7月号

スクリーンショット 2016-06-30 18.16.52
201607号

シカク月報7月号ができました〜!

★トピック★
●7月15日〜31日、ボブa.k.a.えんちゃん個展「浪漫飛行」開催!
●6月18日〜7月3日、逢根あまみ個展「ご休憩 昭和遺産ラブホテル展」開催!
●月1酒場イベント「酒処ナオ」第8回は7月に下旬開催予定!
●シカク出版より発売された
 「関根美有傑作選 はびこる愛」 金原みわ紀行エッセイ集「さいはて紀行」
シカク店頭・通販&一部書店にて好評発売中!!
●最近の新着入荷商品
●シカク5月のべすとせら~

[連載よみもの]
カニコーセンの中津の思い出
ナツキいぬコのLv.28
物干竿之介のご自由にお持ち帰りください
奈良さんの短歌と周辺(奈良絵里子)
とびだせ!シカクファミリー(たけしげみゆき)
てんちょうのファンシーコラム(巴大樹)

★広告募集!★
何か宣伝したいことがあるアナタ、シカク月報に広告を掲載しませんか?
1000円で40mm×100mm、2000円で倍の80mm×100mm、3000円で1面分の広告が出せます。
もらった広告費はシカク月報の印刷代や郵送費、よみもの寄稿者の原稿料などに活用されます。
詳細はshikaku@uguilab.comまでご連絡ください。

逢根あまみさんの展示が始まりました

逢根あまみさんの展示が18日から始まっています。7/3までやっています。

内容は逢根あまみさん(以後あまみさん)が訪れた昭和のバブルが香る「ラブホテル」を日本全国周り
日々刻々と故障したり、リニューアルしたりで姿を消している内装や外装を写真や動画、ライターやメンバーズカード
そして貴重なパンフレットや資料などを展示しています。

正直ラブホテル展というものは目新しいものではないかもしれません。
写真集も何冊も世に出ているし一定の評価を得ています。その筋の先人という方がいるということも承知しています。

あまみさんはそれでもラブホテルを追おうと思って週末になると西へ東へ奔走します。
もちろん取材費もでないので、最低限の時間料金だけ払って、良いホテルはそこだけで何部屋も回ります。
そんな生活をしているので取材旅行中は車の中でおにぎりを食べたり非常に質素だそうです。
なぜそこまでするのか?というと、答えはとてもシンプルで「好きだから」の一言に帰結しています。

既に活躍している人がいて、その人は取材費がおりたり、ホテル側との交渉を代理人がしたり、専属でカメラマンがいたり
自分にはないものをもったすごい人たちがいるのだけど、その人の二次ソースに頼るのではなく自分で出来る限り
終末を楽しもう。残そう。伝えよう。という気概が読み取れて、今回の展示のお誘いをしました。

実際あまみさんのやり方はビジネスではないので、ある意味ラブホオタクでしか出来ないジャーナリズムがあって、
熱意が伝わったお店などは、使ってなくて物置にしてた部屋を綺麗にしてみせてくれたり、
装置の部品に描かれた文字から会社名を割り出し、直接会いに行き、当時の話をきくなど
オタク特有の好きなものに対して無限の行動力をみせてくれます。

昭和ラブホが素晴らしいのはもちろんですが
僕は、こんなに楽しく何かを追い、熱量がたかい人がいるんだということを知って欲しいです。

所謂中堅とよばれる画家や作家、イラストレーターさんの展示を見に行く機会が仕事上多いのですが
ある程度知名度が出た後はそこそこの熱量でつくり、そのうちのいくつかはグッズ化してなんとなく展示しているものが
正直あります。短期的には良いのかもしれませんし、仕事にしてしまうと熱量の扱い方が難しいのはとてもわかりますが、
どうかこの展示のように純粋無垢で。被写体を、作品を心底愛し。みてもらいたい!という気持ちを忘れずやってもらいたいです。

ちょっと話変わっちゃったけど目でみてください。

廃墟は廃墟で違法だけど入れますが昭和ラブホはこのまま行けば10年とかでほぼ現存しなくなって
完全にこの世から消えるかもしれません。その前に是非ここで見て、本とか買って、実際の足で言って寝転んでください。

クレジット&コンビニ決済導入!!

この世に500000人ぐらいはいるかもしれない、
シカクオンラインショップを度々ご利用している遠方の方、
あるいはたまたま欲しい本があって使ってみようかなと思っている方!

なんと!!
シカクオンラインショップが、ついに!!
クレジット&コンビニ決済に対応しました!!!!!!!
ワ〜〜〜〜〜!!!

【使い方】
(1)ふつうに買い物します。

(2)レジに進んで、ふつうに注文者情報を入力します。

(3)決済方法の入力画面で、

スクリーンショット 2016-06-13 13.23.42

 選べる!!!!!!!!!!!!

思えば苦節2年くらい、
ある時は代行業者に無視され連絡が取れなくなり、
ある時は審査に落とされ…
何度も諦めかけましたが!!

対応したんです!!!ついに!!!!!
ヤッタ〜〜〜!!!
皆さん、ふるってご利用くださいね!!!

はびこる愛が新聞で紹介されました!

CkKfFBCUYAAWNX8

先日シカク出版から発行した
関根美有傑作選 はびこる愛
6月5日の朝日新聞朝刊の書評欄にて紹介されました!
ワーイ!!!

作品の読み口の軽さや奥深さが伝わる素敵な書評を書いてくださったのは
漫画ライターの山脇麻生さん。
色々なジャンルの読み物がごった煮になったミニコミ誌
「ゴミ」のメンバーとしても活動されています。

シカク出版から出す本は、どれも素晴らしい本だと確信を持ってはいますが
自分たち以外にも同じ思いを持ってもらえて、
おまけにこうして世の中にその思いを発信してもらえるというのは
本当に嬉しいし、安心します。
同人誌というのはどうしても数少ない人に向けられた
ニッチな世界になりがちですが、
こうして新聞という大きなメディアに載ったことで、
関根美有という作家や個人出版というスタイルが
もっと世間に浸透するきっかけに少しでもなれたなら、
こんなに嬉しいことはありません。

…なんて偉そうに書いてますが、全て山脇さん、
そして素晴らしい物語の数々を描いてきてくれた関根さんのおかげなんですよね。
本当にありがとうございます!!

「はびこる愛」については、今月末にもうひとつ嬉しいお知らせができそうなので
楽しみにお待ちください!

(副店長・たけしげ)